FrontPage

Last-modified: 2017-05-24 (水) 20:49:02 (9h)

A True Quantum Theory Dilettante

Kobayashi Institute of Quantum Science(小林量子科学研究所編:小林庸浩)

Renewals [#e1e76 ] [#k865213c]

2012年7月8日からの分は各月ごとにまとめて、日記のところに溜める事にしました。古い部分はそこでお読みくださ。

それからジジバカ短歌が(俳句・和歌)のところのバイト数越えのため新たに加えられなくなり、対策を考えるまで、日記のところに書きます。

喉の調子はかなり良くなっている。声も出るが、かなりガラガラ声だ。曇っていて涼しいので、今朝は散歩に出る。たなかのカスミまでの往復、45分程度の歩きだ。調子はかなり良く、痛みも出ず、まあ快適に歩けた。喉の病院にはいかないことにした。午後はジム。ストレッチと筋トレに1卻發。少し足腰に張りが出てくる。帰って一休みして娘の家に行く。晴君が早速私を遊びに誘う。遊びだすと風呂に入れようとしても、「入らない」と言う。仕方なしに遊びながら何回か風呂に誘うと、やっと入る気になってくれた。そうなると喜んで服を脱ぎ、風呂に飛んでゆく。仕方なしに行くのか、喜んで行っているのかわからない。風呂の後、3人で遊んでいるとママの「ご飯だよ」と言う声。いっくんが早速飛び出してゆくと、晴君も私の手を引き食卓へ向かう。ハッシュドビーフ。晴君は喜んでおつゆも食べながら完食。いっくんは相変わらず遅い。私はいっくんにはかかわらないようにしているのだが、もっと途中で水を飲むよう言うべきだったと思う。晴君と違って、汁物を食べないいっくんは同じのばかり食べることになってしまう。時々味を変える必要があるのだ。これからは言うようにしよう。いっくんもある程度終ったところで私は帰る。明日は二人の日だ。(5月24日)ジジバカ短歌(俳句・和歌):

・弟を 抱いて家入る ジジに拗ね     二人の遊びに 加わらぬ兄

・弟(おとと)風呂 早速ジジを 捕まえて     好きに使って 嬉々と楽しむ

昨夜から喉が本格的におかしくなってきた。寝る前にうがいをし、朝起きて一番にもうがいをした。腫れているらしいことは分かるが、いつものような喉頭炎ではない。もっと下の方がおかしいような気がする。そのことに気を取られていて、今朝はMRIの検査のため朝食抜きと言われていたことを忘れてしまった。食べてから美知子に言われ思い出した時はもう遅い。8時半近くになって病院に電話して事情を話すと、今日の検査は難しいと言われ、検査は1週間後の火曜日になった。初めてめてのことではあるが、昨夜自ら美知子に‛明日の朝食抜き’を言っておいたのだから我ながら情けない。熱もなく、体もさほどだるいわけではないが、声が出ない。まともにしゃべれない感じだ。声帯に異常があることは確かだろう。午後にもうがいをしておいたが、声の状態は変わらない。明日もこの状態が続いたら、病院に行こう。昼食の後休んで、2時過ぎにいっくんの体操教室の見学に行く。今日は跳び箱から飛び降りたり、ボールを受ける練習、鉄棒を使った運動などをやった。いっくんはまあまあ上手にこなしていた。今日はそのままボールをもらっていっくんと帰る。帰って、着替えて、手を洗って、おやつ。ババが帰ってきた。その後は風が強かったこともあり、いっくんも疲れていたのだろう外遊びはなく、動画を見て遊んでいたので私も楽に休めた。風呂、そして夕食は何時もの通り。デザートにアイスを食べてから最後の遊び。おうちごっこ、鬼ごっこ、最後は縄跳び。連れて帰ると晴君は寝ていた。今日、娘は6月からの職場の歓迎会と言うことでまだ帰っていない。パパが晴君を寝かせたようだ。喉の調子は変わらない。少し咳が出る。早く治さねば。ジジバカ短歌(俳句・和歌):

・この風邪を うつしてならじと 思う世話     分からず頬寄す 孫を離して

今日も暑くなりそうだ。一人で朝食を終え、パソコンをチェックしてから庭に出て大山蓮華の花摘みをする。きれいな花だが、2,3日で花は茶色に変色してしまう。花摘みをこまめにする必要がある花だ。ついでに伸びてきた萩も摘んでしまう。庭ゴミとして出して一段落。11時35分ごろから晴君が行っている保育所へ向かう。6月から晴君の保育所の迎えを我々がやらねばならないので、その手順を確認しておきたかった。いっくんの時も少しの間やったのだが、どうしたかを完全には覚えていないので、保育所で娘と待ち合わせて、娘がやる手中を確認しながら覚え直すことにしたのだ。我々が部屋に入ってゆくと晴君が私のところに飛んできた。愛おしくてたまらない。晴君を抱きながら手順を確認して、駐車場で別れて帰る。昼食。2時前にいっくんを幼稚園に迎えに行く。帰って着替えをしているところにババが帰ってきた。手を洗っておやつ。日差しが強く暑いので外での遊びは敬遠。動物カルタ、デコピンなどをやって、風呂の代わりにシャワー。そして夕食。餃子、肉じゃが、サーモンの刺身などをよく食べた。食後に‛買っておいて’と言われて買っておいたメロンを切ったが、あまり食べんかった。この前はあんなに喜んで食べたのに。最後に鬼ごっこ、タッチリレー、チャンバラ、デコピンをやって帰る。晴君は起きていた。パパは出張で遅くなるるらしい。晴君が我々を引き込んで遊びだしてしまった。最後にしばらくクッションで跳ねて遊んでやっとバイバイになった。何か晴君が気の毒でならない。いっくんのように十分遊んでやれないことが、すまないという気にさせる。6月からはいっくんと同じようにするからね。待っててね。(5月22日)ジジバカ短歌(俳句・和歌):

・私を見 晴君全力 駈けてくる     腕に抱き締め 離さないよと

・遊びの中 やりたいことだけ やるいっくん     我々に一生懸命 サービスする晴君        共に可愛いが 晴君哀し

DSCN1521.JPG; 赤いシャクナゲと岩南天の冠 DSCN1391.JPG; 爐い辰ん″です 131106_082012.jpg;柿(私のげんこつほどの大きさです) 131106_081810.jpg; ツワブキ DSCN1349.JPG;2013.4.28,  山芍薬 DSCN1365.JPG;2013.4.28, つつじの道 DSCN1357.JPG;2013.4.28, 牡丹(金輝) DSCN1345.JPG;2013.4.23, 白い牡丹 DSCN1346.JPG;2013.4.23,赤い牡丹 DSCN1348.JPG;2013.4.23、ピンクの牡丹 DSCN1340.JPG;2012.11.3,ツワブキ DSCN1343.JPG;2012.11.3 DSCN1316.JPG;2012.7.4,木イチゴを食べるヒヨドリ DSCN1079.JPG;2011.2.15, 私の部屋から見た雪景色

Contents

科学道楽(小林量子科学研究所編)

論文リンク

文芸道楽

人間道楽

一般道楽

庭道楽

旅道楽

太極拳


Doccument